最も大切なのは衛生管理!

衛生管理
規模の大小にかかわらず、カフェを運営していく上でやらなくてはいけないことはたくさんありますよね。その中で最も大事な「衛生」についてのお話。

カフェは不特定多数の人が集まる場所です。お客様はカフェオーナーやスタッフの経歴・スキルなどを知ることなく、出された珈琲やスイーツを口にされます。当たり前のようだけど、これってすごいことだと思います。お客様は店の人間を「プロ」として無条件に信頼してくださっているのです。

おぼえてらっしゃるでしょうか。1996年の「今年の漢字」は【食】でした。これは、O157の集団食中毒でたくさんの人が亡くなったからです。1998年の漢字は【毒】、和歌山毒物カレー事件がありました。
今でも毎年約2万人の人が食中毒になります。

飲食店の人って、その気になれば「大量殺人」ができちゃうんです。考えたら恐ろしい仕事です。

生魚や生肉を扱うわけではないので、カフェは食中毒リスクが比較的低い業態に思われます。しかし、脱サラや週末起業などで開業する人も増えていて、衛生的でないお店も見かけます。とても残念ですし、危険なことです。

カフェオーナーとして食中毒のリスクは、営業停止・営業禁止・営業許可取消しなどの行政処分がとられること。でも何より、小さな幸せを提供したいと開業した自分のカフェで、お客様に苦しく不快な思いを与えてしまうことは最低最悪の事態です。ぜったいに避けなければなりません。

自分のことを棚にあげて上から目線でお話ししているのでは、決してありません。同業の者として、一緒にお客様の信頼を積み重ねていきたいのです。

エランズカフェで日々行っている、具体的な食中毒予防の方法は、これから時々書いていきたいと思います。読んでもつまらない内容かもしれませんが、カフェオーナーとして何よりも大切なことです。どうぞお付き合いください。

※この「エランズカフェの育て方」は、これからカフェを開業したいと考えている方、開業してまだ間もない方に向けて書いています。感想・ご意見・質問などをお待ちしています。