発表!エランズカフェ2015年 秋冬の新スイーツは、『スイートポテト』と『焼きカボチャ』です!

芋とカボチャ
お待たせしました。
秋冬限定のスイーツができましたよ♪

スイートポテト

ひとつ目はみんな大好き『スイートポテト』です。

スイートポテトは2013年に紫芋と紅はるかの二種類を提供し、とても好評でした。

昨年は夏の悪天候の影響で良いお芋が手に入らず、泣く泣く断念しました。たくさんのお客様からお問い合わせがあり、そのたびにお断りしなければいけないことを心苦しく思っていました。

今年はとても品質の高い芋を作られる埼玉県の農家さんとご縁があり、自信を持ってご提供できる運びとなりました。

2013年のレシピを見直し、さらにおいしくリニューアルです。

芳ばしい香りの『紫芋』と、ねっとり濃厚な『紅はるか』をミックスし、今までにない味わいに仕上がったと思います。

焼きカボチャ

ふたつ目は、『焼きカボチャ』です。(もっといいネーミングがよかったんですけど、思いつきませんでした)

スイートポテト用のサツマイモをさがしている時に出会った、小さいけれど味の濃い栗カボチャを、珈琲にあうスイーツにしたくて考えました。

スイートポテトのレシピをベースに、栗カボチャのやさしい甘さを活かすようアレンジ。奇をてらわずシンプルに、素材の味を引き出すことだけを考えながら、試行錯誤の末にようやく完成しました。

スイートポテトと焼きカボチャ、どちらも珈琲にぴったりの味わいです。

※香りづけに少しだけラム酒を使っておりますので、アルコールに敏感な方やお子さまは注意くださいね。

おいしさのコツ

スイートポテトと焼きカボチャ、おいしく作るコツをちょこっと紹介します。

ポイントは4回焼くこと

まずお芋(or カボチャ)を、皮つきのままアルミホイルに包み、オーブンでじっくり焼きます。ゆっくりゆっくり火を入れることで甘みが増していきます。200℃で60分くらい、様子を見ながらあせらず丁寧に。

火が通ったら皮をむいて、他の材料と一緒にお鍋にいれて、中火にかけながらやさしく混ぜあわせます。ここで熱を加え過ぎるとパサパサになってしまうので要注意。

材料がちゃんと混ざったら形を整え、表面へぱらりと粉砂糖をまぶし、高温のバーナーでさっと炙ります。こうすることで芳ばしい香りが引き立ち、食感にコントラストがつきます。

仕上げにもう一度オーブンへ。200℃で10分くらい。表面がしまり、おいしさとしっとり感が包みこまれます。

imo-kabocha_01
imo-kabocha_02

食感もおいしさ

皮をむいたあと、『スイートポテト』の紫芋はざっくりとつぶします。あえてつぶしすぎないことで、お芋のホクホクした食感をのこします。

『焼きカボチャ』のカボチャは、なめらかな口当たりにするために、丁寧に裏ごしします。

おいしさは味や香りだけでなく、食感も大切です。ちょうどいい食感を求めていろいろ試すのも楽しいですよ。

imo-kabocha_04

シンプルに素材の味を大切に

いろんな副材料を入れ過ぎないことも重要です。あくまで、素材のおいしさを引き立たせたり、口どけをなめらかにするための副材料です。

エランズカフェのスイートポテト・焼きカボチャの副材料は5つです。

  • 卵黄
  • きび糖
  • 生クリーム
  • お塩
  • ラム酒

よかったら、ご自宅でのスイーツ作りの参考にしてみてくださいね。

imo-kabocha_03
imo-kabocha_05

秋のお供に

エランズカフェ店内はもちろん、お土産にもぜひどうぞ。ひとつ200円です。一度にたくさん作れませんので、売り切れの際はご容赦くださいね。

だんだんと秋が深まってきました。好きな本のページをゆっくりめくる、心静かなひとときをお過ごしください。

おいしい珈琲とスイーツをご用意してお待ちしています。

imo-kabocha_99