2018年 新年のごあいさつ

View this post on Instagram

A post shared by エランズカフェ (@errants_cafe) on

少し遅くなりました。
新年おめでとうございます。

エランズカフェは例年どおり、元日から営業していました。
この時期しかお会いできないお客様の様子をうかがえる年末年始は、私にとって特別な数日間です。お仕事やご家庭の都合などで遠いところへ越された方が、帰郷された折にまた立ち寄っていただけるよう、いつでもいつものように営業を続けようと、気持ちを新たにしました。

2017年を振り返る

年頭に当たり、2017年をさっと振り返ってみます。

猫バッジ

昨年は猫バッジの制作に没頭していた時間がずいぶん長かったです。

季節感を表現できるようにあれこれ考えて試行錯誤する過程はとても楽しい時間でした。営業後に夜なべしてつくった猫バッジは、いまもお客さまのもとで元気にしているでしょうか。

苺スイーツ

2017年前半は苺スイーツが大人気でした。低温でコンポートにしたみずみずしい苺をフレンチトーストやシフォンケーキに添えると、お皿にぱっと花が咲いたようでした。

また、1週間の限定メニューでしたが、苺のおいしさを凝縮したエキスで使った『苺わらび餅』は大変な好評をいただきました。
やはり旬の苺のおいしさは格別です。今年はさらにブラッシュアップさせて提供する予定です。

抹茶プリン

秋には『抹茶プリン』を始めました。

抹茶わらび餅を改良する中で、もっと茶葉のうまみを生かしたスイーツはできないものかと考えた末に生まれたのが『抹茶プリン』です。抹茶の香りと卵黄のコクが引き立て合います。アクセントの黒豆もふっくら煮ることができるようになりました。

View this post on Instagram

抹茶プリン

A post shared by エランズカフェ (@errants_cafe) on

『抹茶プリン』は期間限定の予定でしたが、好評のためレギュラーメニューの仲間入りし、テイクアウトの人気アイテムになりました。

とろけるチーズケーキ

2017年をふりかえるとき忘れられないのは12月からはじめた『とろけるチーズケーキ』です。

エランズカフェの新しい看板スイーツになるチーズケーキ、本当に珈琲にあうチーズケーキ、シンプルなのに特別感のあるチーズケーキ。
試作と試食を繰り返す日々が何日も何週間も続きました。

予定よりもずいぶんと時間がかかってしまいましたが、提供開始の直後からたくさんの嬉しい言葉をいただき、ほっと胸をなでおろしました。お客様の顔がほころぶご様子をみて、開発の苦労がふきとびました。これからエランズカフェの定番メニューになるよう大切に育てていきます。

2018年にやりたいこと

2018年はどんな一年になるでしょうか。

これまで手探りでやってきましたが、開業から7年がたち、ちょっとずつスタイルができてきたようです。
いえ、スタイルというような立派なものではないですね。自分にできることとできないことがわかってきた、といったところです。

私は器用なタイプではありません。あれこれと興味はわくのですが、目移りばかりしてどれもモノにならないのです。

「背伸びをせずに愚直に淡々と精進する」
これが私の、エランズカフェのスタイルです。

「奇をてらわずに まっすぐに」
「枝葉にとらわれず 根っこを見つめる」
「いつでも いつものように」

呪文のように心の中でつぶやいている言葉です。

飲食業はいい加減な仕事をするとお客さまの命にかかわることもある、大変に責任の重い仕事です。
新商品の開発や空間作りばかりに気をとられず、きちんと掃除をすることをはじめとして、安全・衛生を徹底することを忘れてはいけません。その上で向上心を持ちつづけなければお客さまに安心してくつろいでいただくことはできないでしょう。

光栄なことに、ときどきお客さまからおほめの言葉をかけていただくことがあります。ほんとうに嬉しく、この仕事をやっていてよかったなと思います。ですが忘れてはいけないのは、いやな思いをされたり満足されなかったお客さまは、わざわざそれを告げてはくださらないということです。

お客さまの声なき声に耳をかたむけること、日常に慣れることなく毎日を新しい気持ちで始めることを大切にしようと思います。

やらなければいけないこと、やりたいことはたくさんあります。

店のあちこちが老朽化し始めてきているので、メンテナンスが必要です。
メニューも改良の余地がたくさんあります。
最近すこし疲れやすいので体力づくりも始めたいです。
これからカフェを目指す人に向けて参考になる情報を発信したいです。

お客さまから「この店はいつもかわらないね」と言っていただけるように、ちょっとずつでも成長したいです。

人は誰でも複数の仮面を使い分けているそうです。
仕事の顔・親の顔・配偶者の顔・子どもの顔・地域の顔・SNSの顔。いろんな顔を使い分けることにちょっと疲れを感じることもあるのではないでしょうか。

仮面をはずして自分自身にもどりたいとき、気の置けない方とゆっくり語らいたいとき、「大人の隠れ家 エランズカフェ」を思い出していただけると嬉しいです。

今年もどうぞ、ごひいきに。